生まれ変わったら花になろう*再び

50代女性の何気ない日々を綴っています。

女を捨てているわけではないが・・・1万円は辛い



スポンサードリンク
*************************************************

*************************************************


5日ぶりの休みだ。

朝はいつもより1時間朝寝坊をした。

お日様が大分上がっていて、海面の色が青みを帯びていた。

ああ、海も春だと思った。

カモは、波打ち際で楽しそうだ。



インスタントコーヒーを飲みながらブログを書いた。

コーヒーは、牛乳もクリープも切らしているので砂糖だけが入っている。

それでも、とても美味しいと感じるのは、体調が戻りつつある証拠だと心から喜んだ。

ブログを書き終わり、更新ボタンを押して、パソコンを閉じる。



さて、今日の休日何をしようか。

行きたいところが一箇所だけある。

美容室だ。

髪の毛をしっかりと染めたい。

メイクに余り興味のない私だが、髪の毛だけは気になる。

まめに毛染めするのは、もはや習慣化している。

たまには、美容院へ行ってプロの手でしっかりと手入れしてもらいたいのは山々。

だが、カットしてシャンプーして毛染めしてもらうと、1万円かかるのがやっぱりネックになって、

この間美容院に行った日はいつだったか、思い出せないほどのご無沙汰振りだ。



洗面台の正面の四角い鏡を覗き込んで、

カットが必要だろうか。

髪型は崩れてはいないし、丁寧に乾かせば全然問題ない。

むしろ、肩に着くぐらいの程よいセミロング。

ならば、今回も自分で染めようではないか。

頭のてっぺんにも後ろにも目がついたつもりで真剣に。

染め初めから、シャンプーして乾かすまで1時間強。


女を捨てているわけではないけれど、

いまさら嫁に行くつもりもないのでこれでOK。大満足の仕上がりだ。

時給1万円の働きをした気がして、気分は上々。



海側の窓も山側の窓も開け放して掃除をした。

電気掃除なんてしゃれたもの有りはしない。


自分の背丈ほどのほうきを振り回している私には、目もくれずに

海からの潮風に混ざって春の風が、堂々と部屋を横切って行く。


唐突に、

ジプリアニメ「魔女の宅急便」の事を思った。

キキのほうきもきっとこのぐらいの長さだったんだろうと

ほこりを追い払いながら、ほうきにまたがって海の上を飛んでいる気になった。

キキは魔女修行の為に、海の見える街に住み暮らし、宅急便の仕事をはじめたんだけ?

遠い昔に末娘と観たジプリの映画の記憶が蘇った。

母さんは、海の見える町に暮らし、ほうきを手に持って・・・

何の修行をしているのだろうか。

いつかは魔法が使えるようになるかもしれない等と

頭の中で夢物語を考えていた。


窓を閉めて、少しは綺麗になったかもしれない部屋の中で、

ほんとに久しぶりに炊飯器ケーキを焼き、

夏目漱石の「こころ」を読み始めた。

黄ばんだ単行本がなぜかしっとりと手に納まって心地よかった。


部屋から1歩も出ない休日が終わった。





関連記事



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。


***************************************

スポンサードリンク




****************************    

カテゴリー:日々の思い

広告2

広告

プロフィール

ひまわり

Author:ひまわり
花と緑が大好きな50代の女性です。
パート時給794円で生きています。
夢はトトロの森で花と一緒に暮らすこと。

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

フリーエリア

確定申告が必要