生まれ変わったら花になろう*再び

50代女性の何気ない日々を綴っています。

老いるという事



スポンサードリンク
*************************************************

*************************************************


夜遅くこの部屋に戻ってきました。

往復2000キロメートルを移動した疲れは、

案外しぶとく身体に付きまとっていたようです。

普段は、乗り物酔いは全くしないのに、空港から電車、

バスと乗り継いでいるうちに気分が悪くなり、

ああ~やっぱり遠いものだと改めて実感しました。

この距離を、かつては子供4人引き連れて移動していたのかと思うと

私も、パワフルな母親だったんだと思いました。


滅多に歩かない時間帯の夜道を帰りながら、ふと空を見上げると、

強風が吹き散らした雲の隙間から、

ひときわ明るくオリオン座と半月が浮かんでいました。

どこにいても天気さえ良ければ、見えるはずですが、

自分の部屋の空の上にいつもいるような感じがします。



部屋に戻れば、コタツの上には、バナナが1本と伊予柑1個。

そして、少し傾いたチューリップが出かけたそのまんまありました。

思えば、たった一晩留守にしただけなのに、

随分長い時間過ぎてしまった気がするのも、不思議なものです。


バナナを食べ、温かいコーヒーを入れてホッと温まりました。

締め切っているはずなのに、風がひゅるひゅるとけたたましく鳴ります。

この部屋自体が大きな吹奏楽器?と思わずにはいられないほど。

それにしても下手な演奏です。

窓ガラスのきしむ音も大げさに響くのでたまりません。

おかげで疲れているはずなのに、なかなか寝付けず、

寝たかと思えば、起こされ・・・相手が相手なだけに文句も言えず、

散々な夜になってしまいました。


でも、母親の顔を見、話が出来、手を握って、足をさすり・・・

生きているって、ほんとに良いことなんだと、馬鹿みたいに感動しっぱなしでした。

出来れば、私の4人の子供達の誰か一人でも、

顔を見せてやれたらなあという思いが、頭をよぎりました。


老いていくということ、病気や怪我はつき物で、

一足先にその道を歩んでいる母親を見て、

私は、どんなおばばになっていくのだろうと考えみても、

何も浮かばない自分をおめでたいものだと思いました。


二日ぶりに出勤。

花コーナーでは、

チューリップの鉢植えが綺麗に咲きそろっていました。

「可愛いね」

「綺麗だね」

そういいながら眺めていくお客さんの声も聞こえてきました。

自分が褒められたような大きな勘違いに酔ってしまいました。

買い物籠に入れてもらわなくても、視界の中に入れてもらい、

眺めてもらえるだけで、お花はきっと満足しているでしょう。



連休を取ったので、次の休みははるか遠くです。

生産者直売店に白菜を買いに行く時間がありません。

自店で4分の1にカットされた物を買ってきました。

まあまあお安く、58円。

白菜鍋またまたスタートです。

今月も20日を過ぎ、給料日まで1週間。

財布の紐をぎゅーと引き締めて、残りの日々を白菜鍋で頑張ります。




関連記事



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。


***************************************

スポンサードリンク




****************************    

カテゴリー:日々の思い

広告

プロフィール

ひまわり

Author:ひまわり
花と緑が大好きな50代の女性です。
パート時給794円で生きています。
夢はトトロの森で花と一緒に暮らすこと。

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ブログ村

アルバム

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

フリーエリア

確定申告が必要