生まれ変わったら花になろう*再び

50代女性の何気ない日々を綴っています。

人の喜怒哀楽なんて・・・




スポンサードリンク

***************************************************************************



脳は、髄液というものの中にぷかぷかと浮いている状態で

人の頭に納まっているらしいです。

その髄液が、何かの原因で漏れ激しい頭痛を引き起こしていました。

姉の夫の、私の義兄の事です。

絶対安静で、髄液の漏れを最小限に押さえ、

回復を待つのが治療法なんだと、姉から聞いていました。


その義兄が、意識レベル低下で命の危険有りとの連絡をうけっ取ったのが一昨日。

髄液の減少分を補おうと、脳が防衛反応で出血し、

それが意識障害レベルまできてしまっているというのです。

なんて事でしょうか。

姉の動揺が目に浮かびました。


出血している血の抜き取り手術が必要ではあるのだか、

それが有効であるのかどうかは、判断しかねる。

脳を守ろうと出血しているので、それを抜き取ると

更なる出血を呼び起こす可能性があり、後はご家族の判断でと、

主治医の説明だったものの・・・


脈は低下し、呼びかけにも反応せず、高いびきをかいて寝ている状態の

自分の夫なる人の姿を目の当たりにして、

姉は、即決。

「手術してください、よろしくお願いします」

と頭を下げたそうです。




手術自体は、とても簡単な手術で、

脳外科の医師が最初に手がける手術なんだってさあ~

と、夕方には意識を取り戻した義兄に、そんなうんちくまでも話して聞かせたそうです。

義兄は、二日間の事をまるで覚えていなかったようです。

そう語る姉は、とても嬉しそうでした。

まだまだ問題は沢山ある病気のようですが、ひとまず安心といった感じでした。



人体というのは、ほんとに未知なる神秘的なものだと思いました。

身体は、自らを守ろうと必死になって動いているのです。

それは、「人の意識」などとはかけ離れた遠い世界の中で、

緻密に行われているのです。



心は、身体を支配しているものだとずっと思っていました。

でも、もしかしたら、人体の神秘さ偉大さに比べたら、

これまた、極端な私の考えですが、

人の喜怒哀楽なんて、冷たい海に浮かぶ、

氷山の欠片にも似たものかもしれないなあと、

そんな事を、本気で考えた一日でした。



同じ救急病院に入院している母親も、

娘婿の一大事には思うところが多々有ったようで、

いつもだったら、2,3回で音を上げるリハビリを、30回も

頑張ったんだと得意げだったといいます。

なんだか、全てが嬉しくて、空飛ぶ海鳥(名前は知りません)にも、

すーと通り過ぎていく水平線の向こうの小船にも、

ありがとうといいたくなりました。



来月のシフトで3連休の申請しました。

母親と姉、義兄の元気な姿に会える日を楽しみにして、

頑張って仕事しようと思いました。



と、思った途端に、今日明日と連休です。




関連記事



ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村





ご訪問ありがとうございます。


***************************************

スポンサードリンク




***************************************

カテゴリー:日々の思い

広告

プロフィール

ひまわり

Author:ひまわり
花と緑が大好きな50代の女性です。
パート時給794円で生きています。
夢はトトロの森で花と一緒に暮らすこと。

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

フリーエリア

確定申告が必要